シルク・ドゥ・ソレイユ 「トーテム(TOTEM)」

f:id:robonoid:20160822232805j:plain

シルクドソレイユ行ってきました!

毎回テーマは違うものの過去に何度も日本で公演を行っているため観に行ったことがある人も多いのではないでしょうか。
ハマる人は毎回のように観に行くらしいですね。
僕も以前から興味はあったものの今回初めて行くことができました。
 

f:id:robonoid:20160822232445j:plain
入り口にはデカい亀が!!

 

今回はトーテムといったタイトルの公演です。テーマは「人類の進化」ということで猿から類人猿、現代人など色々なキャラクターが登場しています。舞台も原始時代を感じさせるものから宇宙まで文明の進化を感じさせる演出もあります。
 
各演目の紹介は次のリンクに細かく紹介されています。
 
演目は評判通り見応えありでした。始めの演目は「カラペース」でしたが、始めからド迫力で観客から歓声があがってました。個人的には「フィックスト・トラピス・デュオ」、「ロシアン・バー」が特に素晴らしかったですね。どう素晴らしかったかは観てのお楽しみということで。
 
演目中の音楽も非常に力を入れていることが感じ取れました。演目のテーマと音楽が絶妙にマッチしているのです。トーテムの「人類の進化」というテーマに合わせて民族音楽を彷彿させるものから近代的な音楽まで幅広いものでした。そして遠目からは最初気付かなかったのですが、音楽もバンドセットで実際に演奏しているんですね。ちなみに会場ではサントラも販売していましたよ。
 

f:id:robonoid:20160822232454j:plain
これは売店前の様子

他にもステージのセットやプロジェクションマッピングを駆使した演出は観ている人を飽きさせません。ステージ会場では撮影禁止でしたので写真で紹介できないのが残念です。

チケットはネット予約で購入しました。今回連休中の公演を狙ったために空席が殆どありませんでした。やはり人気は凄まじいようでチケットは早めに抑えたほうが良さそうです。
チケットを買うにあたってやはり気になるのは席ですね。公演会場によって微妙に席(チケット)の分け方が違うみたいです。僕は正面に近いですが、やや斜めからステージを観る席になりました。(大阪公演ではS席になります。)特に角度的には見辛いなどはありませんでしたが20列目より後ろの席であったためステージまで結構な距離がありました。全体を十分に見渡すことが出来る距離ですが、次に行くときはもっと前の席を取るでしょう。
 
さきほど述べた通り、席が20列目あたりと結構後ろの席でした。そのためオペラグラス(双眼鏡)を持っていくかどうか結構悩みました。ネットで検索しても決定打になる情報も無かったですし。
ということで比較的安価な物を用意し、一応持っていくことにしました。当日席に座ったときは予想よりはステージまで近いように感じましたが、演目が始まるとパフォーマーの表情などは流石に遠くてわかりません。こういった時は双眼鏡が活躍しました。
ただ双眼鏡で観ると画角が狭くなるのでステージを大きく動く演目には向いていません。中にはピエロ的な演出もあるんですが、結構細かいアクションもあるのでこういった時は持っててよかったと思いましたよ。無いよりはあった方が良いですね。20列目辺りにまた座るのであれば確実に持って行きます。
 
公演自体は非常に満足度が高く、次回の公演も是非行きたいと感じるものでした。毎回行っている人の気持ちが分かったような気がします。
本当あの大きなテントの中だけ別世界なんですよね。現実世界とはかけ離れた世界を魅せられたようにも思います。