JOMOX Mbase11 ① -キック専用音源-

今や便利な音楽機材が多くありますが、一つのことに特化した機材もあります。
それが今回紹介する JOMOX Mbase11 です。

f:id:robonoid:20160704231823j:plain


JOMOXについて



JOMOXはドイツのメーカーです。これまでリズムマシンやフィルターマシンなどを発売しています。特にこのメーカーが作るリズムマシンは音質の面から定評があります。そして独自のコンセプトを持った機材が多いのも特徴です。
 
リズムマシンとしては XBASE09 やその後にでた XBASE999 などが有名です。

 

f:id:robonoid:20160704232250j:plain

JOMOX XBASE09


Mbase11 について

そんな JOMOX の中で Mbase11 はドラムのキック音(バスドラム)を生成するマシンです。このMbaseの音源部はアナログシンセサイザーでドラムのキックを作るのに適したパラメーターを備えています。ただし、キックを作るためのパラメーターしかないため、キック音専用マシンとなります。(Mbase11 はBassも一応作れます。)
かなり用途を絞ったマニアックな機材ですね。

機材デモの動画を貼っておきます。

youtu.be

 

Mbase11の音

アナログ音源である JOMOX Mbase11 で作られるキックはさすがに太く、素晴らしい音圧です。幅広く様々なキック音を作ることができますが、どれも低域の成分が多いように思います。低域が中心の機材であるため分かりにくいかもしれませんが、Mbase11 特有の音というものはあるように感じています。
 
ただ少し扱い辛さはあります。慣れるまではちょっとしたコツと時間が必要だと思います。次回はその点について触れたいと思います。