読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Google play music はじめました。前編

f:id:robonoid:20160616224922p:plain 

今年の始めぐらいから Google play music に加入し、利用しています。
Google play music はテレビでもよくCMが流れていて、見たことがあるって人も多いでしょう。これは最近主流となりつつある音楽ストリーミングサービスの一種です。

音楽ストリーミングサービス

音楽ストリーミングサービスを簡単に説明すると、ネットワークさえ繋がっていれば、クラウド上の音楽を再生することができるといったものです。クラウド上の膨大を楽曲をダウンロードする必要なく、再生できるのがメリットですね。

近年スマートフォンタブレット端末などの普及により、多くの人が常時ネットワークに繋がる環境となりました。そういった背景からどこでもいつでも多くの楽曲を楽しめるのが音楽ストリーミングサービスというわけです。

種類も様々

現在日本国内で利用できる音楽ストリーミングサービスはいくつかあるようです。楽曲数やサービスから考えるとAppleが提供する Apple Music Googleが提供する Google play music が他のサービスに比べ郡を抜いていると思います。

ただこれは僕自身がJ-POPをほとんど聴かないため、その目線での話となります。J-POP中心に聴く方は他により良いサービスがあるかもしれません。

Apple MusicとGoogle play music の選択

Apple Music にするか Google play music にする非常に悩みましたが、結局 Google play music に選びました。自宅の端末はほとんどがApple製品であるため本来Apple Musicの一択のはずなんですよね。

ただ Apple Music の方は「iCloudミュージックライブラリ」というのがあります。ざっくり説明すると手持ちのライブラリ(iTunesに保存している音楽データ)をクラウド上にアップロードして複数の端末から同じライブラリにアクセス出来るというものです。音楽データはクラウド上にあるためハードディスクなどの容量を占有しないという画期的なものです。なんですが。。。


僕のライブラリはデータが膨大であるためアップロードされると結構大掛かりな話になってきます。「無料期間もあるし、ちょっと試してみるか」という訳にはいきませんでした。
ということで取り敢えずは物は試しということで Google play music を利用することにしました。

Google play music の使用感

まずMacでそれぞれ使用するには Apple Music は iTunes でライブラリの管理を行います。Google play music に関してはプレイヤーは色々あるようですが、基本的には chrome などのブラウザ上でライブラリを管理します。
iTunes の方が慣れてはいますが、ブラウザでも特に問題は感じていません。

 

iPhone で利用する場合は Apple Music 標準搭載のミュージックアプリで、Google play musicは専用のappで利用することができます。

Google play music のアプリもよくできていて比較的使いやすいと思います。

 

さあ、ここで記事も長くなってきたので続きは後編で!
後半はコチラ → Google play music はじめました。後編