読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【映画】ルーム ROOM

f:id:robonoid:20160423153518j:plain

 

これは拉致監禁事件を題材にした映画です。ただ映画としてホラーやサスペンスではなく、感動作です。

 

ストーリー

男に突然拉致された女性が7年間も部屋に監禁され、そこで生まれ育った5歳の息子のために命がけで脱出に挑みます。そして初めて部屋以外の世界を見る息子と7年もの時を奪われた母親の親子が社会に適応していく過程を描いた作品です。

 

f:id:robonoid:20160423153604j:plain

 

原作は?

原作はエマ・ドナヒューの小説『部屋』です。久々に原作も読んでみたくなる映画でした。

f:id:robonoid:20160423154316j:plain

 

素晴らしい名優たち

5歳の男の子がすばらしい演技を魅せてくれます。

生まれた時から部屋の世界しか知らないわけです。部屋には机、椅子、ベッド、トイレ、洗面器と一つだけ天窓があるだけです。そこで生まれ育った子供からすればそれが世界のすべてなんです。母親も監禁されているため、外の世界があるとは教えてはこなかったわけです。

 

こういった特殊な環境に置かれた子供の役を見事表現しているように感じました。ちなみに子役はジェイコブ・トレンブレイ、劇中では髪の毛が長いので男の子や女の子かわからないぐらい中性的な面立ちです。

 

母親役はブリー・ラーソンでこの作品でアカデミー賞主演女優賞を受賞されています。

この親子の配役は絶妙なんじゃないでしょうか。

 

辛い話だが...

この作品では監禁されている部屋やその生活が細かく描かれています。題材が題材なだけに観ているのが辛くなる人もいるかもしれません。外の世界を知らない無垢な子供が発する言葉一つ一つが胸にささります。

ただ、この映画は感動作です。心を動かされる話であることは間違いありません。

 

最後に

映画の評判もいいようですが、どこの映画館でも上映しているわけではなさそう?です。興味のある方はお早めに!