読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【映画】バンクシー・ダズ・ ニューヨーク - BANKSY DOES NEW YORK -

映画

f:id:robonoid:20160415001750j:plain

 

「宝探し競争」

この映画の公式サイトではこの「宝探し競争」といった言葉が用いられています。映画を観終わった後、僕はまさしくこの言葉がぴったり当てはまると感じました。

ということで、今回はドキュメンタリー映画を観てきましたよ。


この映画はバンクシーが2013年10月ニューヨークの街で作品を展示した一ヶ月間に密着した(追いかけた)ドキュメンタリーです。この展示、ニューヨークのどこでいつ作品が展示されるかまったくわからないんです。作品が展示されるときはバンクシーの公式サイトに画像があがり、それを見た追っかけがニューヨーク中を探しまわるわけです。ただ、それに関わる人間は単にバンクシーの追っかけだけではないといったところも映画の中で重要な部分です。


バンクシー(BANKSY)について

もう少し内容に触れていきたいところですが、まずはバンクシーを知らない人にも簡単に説明します。バンクシーはグラフティアートやストリートアートを描くアーティストです。その芸術性の高さや仰天のパフォーマンスから今や世界で人気のアーティストです。彼の作品は現在非常に高額で取引されていて数千万円の値が付いたこともあるようです。

そんな人気のバンクシーですが、未だ正体不明なんですね。顔も本名も明かしておらず、個人で活動しているのか団体で、複数人いるのかもわかりません。これだけSNSが浸透した現代で匿名性が守られているのが凄いですね。そのSNSバンクシーは巧妙に利用し、自身の作品を世に拡散しています。その辺りも映画の中でも描かれています

バンクシーのアート

バンクシーの作品の多くはステンシルアートと呼ばれる手法で描かれています。これは厚紙などに描かれた絵柄を切り抜き、作られた型紙を当て、スプレーなどで描く方法です。(その型紙を一度見てみたい!)

 f:id:robonoid:20160415001450j:plain

また、グラフィティアートや絵画だけでなく、トラックや車を改造した作品や彫刻、バルーンなどを使ったオブジェも制作しています。作品のジャンルが幅広く、観る人を飽きさせないのも人気の理由でしょう。

下の画像はトラックの荷台を改造した作品です。木の間から敷き詰めたぬいぐるみが顔を出し、悲痛な叫び声をあげるといったものですが、映画の中では走っている映像もあります。なかなかインパクトのある作品ですよ。

 f:id:robonoid:20160415001754j:plain

見て感じとれるようにバンクシーの作品はメッセージ性のあるものが多く、特に社会風刺や政治色の強い作品が多くあります。作品の意味する部分を考察するのもいいですね。

個人的にストリートアートというと大胆な色彩で結構派手なイメージがありましたが、バンクシーの作品は比較的色数は少なく、モノクロの作品も多くあります。そういった部分も魅力の一つなんだと思います。様々な色が存在する道や壁、街の風景の一部にモノクロの作品があることで独特の雰囲気を生み出しているように感じます。描いている人間や動物は非常に細かい部分まで描写されていてリアルなんですが、なんか異質で、現実味がないような...だからなのか作品に魅力を感じてしまいます。

ああ、話が長くなってしまいました。
映画について触れたいと思います。

 

映画「バンクシー・ダズ・ニューヨーク」について

ドキュメンタリー映画って淡々としているイメージがありましたが、最後まで楽しく見ることができました。まあ個人的にバンクシーの作品や行動に興味があったわけですが。

この映画で印象深かったことは様々なバンクシーの作品とそれを取り巻く様々な人の思想と価値観についてです。バンクシーのすばらしい作品も見応えがありますが、その作品に群がる人が本当に様々なんです。純粋にバンクシーのファンである人やなんとかその作品で金銭を得ようとする人など色々な考えを持った人がいます。そういった部分もこの映画の見所の一つなんではないかと思います。

作品集「バンクシー・イン・ニューヨーク」について

f:id:robonoid:20160415225140j:plain

今回の映画を観る前に「バンクシー・イン・ニューヨーク(BANKSY IN NEW YORK)」という作品集を購入しました。(作品集については別途ブログで触れたいと思います。)作品集にはバンクシーがニューヨークで残した作品の写真が掲載されています。中には静止画である写真だけではその作品の本来の姿がわからないものもあります。(さっきのトラックとか走り回る死神とか)じっくり作品を観るには作品集がいいかなと思います。作品集だけ見た方も映画で作品を見たとき違った印象を受けるかもしれませんよ。

最後に

なんだかバンクシーはアメコミのダークヒーローを連想させます。。正体不明のアーティストが誰も予想できないことをするわけです。まるでマンガのような話!ノンフィクションなんだけどフィクションのような。それがドキュメンタリーで感じるわけですね。少しでも興味が涌いた方はおすすめですよ。ちなみに劇中で使われている曲はどれもかっこいいです!